上永谷レディースクリニック

kaminagaya.exblog.jp
ブログトップ

不妊(症)

 不妊とは妊娠可能な年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間(2年以上)性生活を行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない状態であるとされ、妊娠を希望し医学的治療を必要とする場合を不妊症と言われます。なお最近は、1年経過しても妊娠しなければ不妊症との考えが主流になりつつあります。 
 不妊の原因は男女ほぼ半々と言われています。
・排卵障害(ホルモンの分泌異常など)
・卵管の異常(閉塞、狭窄など)
・子宮などの異常(子宮の形状異常、子宮筋腫、子宮内膜症など)
・子宮頸管障害(頸管粘液の量が少ない、頸管粘液と精子の化学的、免疫学的不適合など)
・精子の数が少ない、動きが悪い
・その他原因不明
 一般的な検査としては
・基礎体温 ・女性ホルモン検査 ・超音波検査(卵胞の成熟や排卵の有無) ・子宮頸管粘液検査
・性交後検査(フーナーテスト) ・精液検査 ・子宮卵管造影検査
 などがあり、その原因に対応した治療を行って行きます。
[PR]
# by kaminagayalc | 2010-05-12 15:18

子宮筋腫

 子宮筋腫は筋肉のコブで、良性の腫瘍です。ほとんどは子宮筋層に発育します。1個であることも同時に何個もできることもあります。30歳以上の日本人女性の4~5人に1人には筋腫があります。閉経後は筋腫は小さくなる傾向があります。筋腫のできる場所や大きさは、人によって異なりますし、症状も様々です。筋腫の根本的治療は手術ですが、見つかったからといって、すぐに手術をする訳でもありません。6か月毎くらいの定期検診(超音波検査)を受けて、経過をみることもあります。一生つき合っていける筋腫もあります。
 子宮筋腫の症状は
 ・月経過多(凝血塊、レバー状の塊を認めることもあります)→ 結果貧血
 ・月経痛(下腹痛、腰痛)、牽引痛
 ・不正出血
 ・不妊(の原因になることもあります) などです。
症状などで気になる方は、お気軽にご相談ください。
[PR]
# by kaminagayalc | 2010-04-21 12:19

子宮頸がん検診

 子宮頸がんは、乳がんについで発生率の高いがんです。HPV(ヒトパピローマウィルス)16,18型の感染が持続すると、その一部が浸潤がんへ進行すると考えられていますが、原因はそれだけではありません。このがんを発見するには毎年(異常がある場合はそれ以上に)スクリーニング検査を受けることが大切です。
 検査は綿棒やブラシを使って子宮頸部の入口付近の細胞をこすって採取します。痛みは多くはありません。多少出血することはありますが、これはすぐに止りますので心配はいりません。検査結果は10~14日後には分ります。
 子宮頸がんリスクのある人
 ・若年(特に20歳以前)で結婚
 ・妊娠、分娩回数が多い
 ・初交年齢が低い(16歳以下)
 ・セックスパートナーが多い(4人以上)
 ・パートナーがあなた以外の人とのセックス経験がある
 ・尖圭コンジローマの病歴がある
 ・喫煙者
などの人は発症のリスクが上昇するといわれています。定期的な検診を受けることをお勧めします。
 当院は横浜市子宮がん、乳がん検診指定医療機関です。
[PR]
# by kaminagayalc | 2010-04-14 11:18

子宮脱、子宮下垂

 子宮脱、下垂都は子宮が正常の位置よりも下の方へ下がったものです。子宮が膣内にあれば子宮下垂、子宮膣部(端)が膣の外へ脱出したものを子宮脱といいます。これは骨盤底筋群(筋肉)の機能低下のために起こります。その他脱出する臓器により「膀胱瘤」「直腸瘤」「尿道瘤」「小腸瘤」などといわれます。
 症状は、性器の下垂感、下腹部の違和感、頻尿、便秘、おりものの増加などです。子宮脱の場合には歩行障害や出血、感染などを起こすこともあります。
 治療は保存的療法としてはペッサリーを用います。根治的には手術が必要となることもあります。当院では主にペッサリーを用いますが、場合によっては漢方薬の併用も行っています。
[PR]
# by kaminagayalc | 2010-04-07 11:20

子宮内膜症

 子宮内膜症は、子宮の内側にある子宮内膜細胞が、子宮の内側以外の場所で増殖し、月経のたびにそこで出血を繰り返す病気です。卵巣、腹膜、子宮と直腸の間、まれに膣、膀胱、肺などに発生します。
 症状は月経痛(内膜症の人の90%)、月経時以外の下腹痛、腰痛、月経血のレバー状の塊、排便痛、性交痛などです。これは骨盤腔内に増殖した内膜細胞が、お腹の内側とくっつき、ひっぱり合うためです。
 内膜症を放っておくと約4割(38%)の人が不妊状態という調査結果があり、またチョコレートのう胞(卵巣にできた内膜症)ががん化しやすいのではないかと言われています。
 早期発見早期治療が大事です。気になる症状のある方は、一度ご相談ください。
[PR]
# by kaminagayalc | 2010-03-31 11:32